◆◆◆今回のスポット◆◆◆
フィギアショップ 
コレクション
68坪の店内は、おもちゃの城

店内にお宝フィギアがギッシリ!

 国道166号線沿い、オークワ大和高田店の真向かいに、黄色い外壁がひときわ目立つ建物を発見!

 個性的なフィギアショップ「コレクション」の店内には、レアなお宝がいっぱいです。

 1階には「ディズニー」「サンリオ」などのキャラクター商品が、2階には特撮やアニメのフィギアが、所狭しと並んでいます。

 「コレクション」のオーナーは、女性。
 釘貫(くぎぬき)有佳里さん(37歳)です。

 「小さいときから、ウルトラマンが好きやったんです。でも、『女の子やから』と言われ、買ってもらえなかった」

 結婚して、男の子出産とともに、フィギアの「大人買い」を始めました。
 「子どもに買い与えるという口実で、せっせと自分のために、集めたんです(笑)」

 物心ついた子どもと、おもちゃの取り合いになり、ダンナさんの助言で、同じものを2つずつ買うことになりました。

ウルトラマンと結婚するのが夢

 「子どものころ、ウルトラマンと結婚するのが夢やったんです」と有佳里さん。

 もちろん、ウルトラマンではなく、地球人の男性と結婚。
 有佳里さん23歳、飲み屋で知り合ったダンナさん45歳。年の差カップルでした。

 ダンナさんは、腕利きの大工で、すこぶる粋(いき)で理解ある男性。
 妻である有佳里さんがやりたいことには、ダメとは言わない。

 「子どもが生まれてから、飲み屋がしたいと言ったら、やらせてくれました。3年間ほど、大和高田市内で『とりあえず』というお店をやっていました」。
一番のお気に入り
「ウルトラマンティガ」
有佳里さんの誕生日に、ダンナさんが
くれた「エスティマ」(…すごすぎます)

飲み屋の開店に、作ってもらった
宝船(…ダンナさん、器用です)

夢がかなっちゃう夫婦愛

 そして、有佳里さんが以前からやりたかったのが、フィギアショップ。

 有佳里さんが 「フィギアショップをやりたい」と言ったら、今度もダンナさんは、二つ返事でOK。

 ウルトラマンのペイントをほどこした自家用車2台を保有していた釘貫家にとって、それぐらいの「夢」は、何でもない普通の会話だったのです。

◇  ◇  ◇

 「コレクション」は、「趣味が高じて…」なんて生易しいものではなく、存在そのものが、まさに趣味。

 商品が売れる楽しみよりも、「自分のコレクションを、フィギア好きのお客さんに見てもらえる」うれしさ。
 これこそ「コレクション」の真骨頂であり原点なのです。

 それが何より証拠には、「フィギアを2体買って(仕入れて)、1体は売るけど、もう1体は絶対に売らない」という発想。

 「商売人」ではない「マニア」の姿ですね。

お店を超えた「異次元空間」

 「『コレクション』に並んでいるフィギアと同じものを一揃い、個人のコレクションとして、それぞれ別に持っているんです。
 その気になれば、同じ品揃えのお店を、もう1軒出せますよ」と有佳里さん。

 ……すごいです。

 「コレクション」は、お店という枠にとどまらない、オーナーの夢が詰まった「異次元空間」なのでした。
お店なのに……「非売品」の札だらけ
仕入れた商品だけではありません。ダンナさんの作品も販売しています

■フィギアショップ コレクション

 〒639−2162 葛城市尺土105
  営業時間 13:00〜19:00(定休日/不定休)
  店舗電話  0745−48−2858
  携帯電話  090−8366−0135(釘貫有佳里)
 ※事前に電話をしていただけると確実です
公式サイトへ


▲ このページの一番上へ戻る ▲