オーツくん by 木村マルミ

緊急きてみて・コラボ企画2008

●菓匠庵おのえ●
自慢の和菓子を延長販売!

終了しました
★このたびの取り組みが、メディアで紹介されました
毎日新聞 9月28日(日) 記事 NHK総合 9月24日(水) 内容
読売新聞 9月25日(木) 記事 奈良テレビ 9月24日(水) 内容
奈良新聞 9月25日(木) 記事 産経・夕刊 9月24日(水) 記事
 「菓匠庵おのえ」(新庄)では、今年は特別に、当店自慢の「およね」「草もち」を、期間を延長して販売します。
 この機会に、ぜひ、お買い求めください。(→詳しくはこちら
◆期間◆22(月)10(土)
ただし9月28日(日)は定休日、29日(月)は代休で、お休みです
 「安全でおいしいもの」に、一貫してこだわる「おのえ」さん。
 丹精込めて、つくられる和菓子は、絶品!
 きてみてネットは「菓匠庵おのえ」を応援しています!


●このたび延長販売する和菓子●

「♪新庄通れば およねが招く」
●およね

 新庄地区は、かつて宿場町として栄えていました。およねさんとは、当時、新庄で饅頭を売っていた大和美人の名前だそうです。
 透きとおるような美人の白い肌と、あっさりとした甘さの、涼しげな和菓子です。

  ●1個 110円(税込)

◆通常、5月末〜彼岸まで販売
厳選された餡と、やわらか餅との
絶妙なハーモニー

●草もち

 心に沁みるヨモギの風味と、ほっとする甘さ。クセになりそうな逸品です。

  ●1個 110円(税込)

◆通常、彼岸の1週間のみ販売

●「おのえ」で使用している餅米は、すべて地元・県内産

きてみて:

 今、「三笠フーズ」による事故米が、大きな問題になっています。
 先日の新聞で、不正規流通先に「おのえ」さんの名前もあり、驚きました。

おのえ:  「菓匠庵おのえ」の店主・尾上碩典(おのうえ ひろのり)です。

 当店のお客様には、大変なご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

 農林水産省の調べによると、当店が、昨年12月と今年1月の2回、事故米が混入している可能性のある餅粉を、和菓子原材料の業者から仕入れていたことが、わかりました。
(→当店配布の文書はこちら

 後日、農林水産省が調査したところ、残留農薬は検出されませんでした。

きてみて:

 餅米を購入されていたわけでは、ないんですね。

おのえ:

 餅米は、一貫して、地元・奈良県内(ほとんどが葛城市内)で採れたものだけを使用しています。

きてみて:

 餅粉を使った和菓子もありますね。

おのえ:

 9月19日に製粉会社から購入した餅粉につきましては、農林水産省の調査結果で「残留農薬(メタミドホス等)は検出されなかった」という報告がありました。(→納入業者からのFAXはこちら

きてみて:

 新聞記事を読んで、「おのえ」さんが、新しく購入された餅米から、事故米が見つかったかのように、早とちりしていました(汗)。
 パクパク(草もちを食べながら)・・・こんなに、おいしいのに!

おのえ:

 当店では、上級ランクの粉だけを使用しています。
 40年間、取引のあるメーカーを信用して、購入していたのに、このようなことになり、誠にくやしいかぎりです。

きてみて:

 「安全でおいしいものを」と、創業以来、一貫してこだわり続ける「おのえ」さんを、きてみてネットも応援しています!


菓匠庵おのえ

奈良県葛城市新庄167
電話: 0745−69−2008
FAX: 0745−69−5573

お客様各位
 この度の、三笠フーズによる汚染米の問題につきまして、当店も農林水産省の調べで、昨年の12月と今年の1月の2回、混入の可能性がある餅粉を、和菓子原材料の納入業者から仕入れていることが分かりました。
当店でも
原材料は国産にこだわり、業者を信用していただけに、残念でなりません。

 この粉は、羽二重餅に使われたもので、現在は使用しておりません。また、現在使用しているその他の粉、もち米は、一切心配ございません。

 お客様には、御心配と御迷惑をお掛けしまして、誠に申し訳ございませんでした。
 これからも、原材料の品質および安全には、気を付けてまいりますので、より一層のお引き立ての程宜しくお願い致します。
菓匠庵おのえ 店主 尾上碩典

納入業者から「菓匠庵おのえ」宛に送られてきた、証明書のFAX



▲ このページの一番上へ戻る ▲